RAW現像のこと。

カメラ
10 /28 2010
北海道では、
ものすごく沢山写真を撮りました。

いまだ、整理がおっついておりません。
すでに放棄してる感もありますが・・・(汗)

『おねーさん』はスクラップ・ブックを作る!
といっておりますが、いつになるやら。
来年の夏頃だったりして。


そんな中で、少々写真をいじってみました。

IMG_0072.jpg

これ、JPEGの無修正。トリミングもしてません。
光がイイせいか、これでも十分にキレイですね。
好きな構図でもあります。

IMG_0072_哲学の木②

で、これがRAWデータから現像して修正したモノ。
トーンカーブを少々修正してRGBのカーブもいじって・・・。

RAWはデジタル一眼(一部のコンデジも)使っている方はご存知ですね。
生とか素とかの意味です。

キヤノンにはDPP「Digital Photo Professional」と言う画像処理ソフトが
カメラを買うとおまけでついてきます。
おまけなんですけど、コレがなかなか良くできてるんですよ。

フィルムだと現像の時に、何分の幾つ増感とか減感とか
色については印刷でみるんですけど、デジタルは便利ですねー。
こうやってチョチョイと簡単に修正できる。

IMG_0077.jpg

使用前

IMG_0077_哲学の木

使用後

モニターをキャリブレーションしていないので
単なる見た目の修正ですが、
裸眼で見たときのイメージに近づけた感じです。

IMG_0131.jpg

IMG_0131_羊蹄山

上と下、どっちがイイですかね。

フィルムカメラで育ったので、簡単に修正できると
なにやら罪悪感を感じてしまうのですが。

その場所で見たときのイメージっていうんでしょうか、
心で見た印象ってありますよね。空気感とか・・・。
それを再現できるのは、すばらしいですね。

ただ、やりだすとキリがない。

IMG_0065.jpg

IMG_0065_キガラシとボク

すごく微妙なんですが、
私が見ている『ボク』は下の写真のイメージなんです。
まあ、皆さんにとってはどうでもイイですよね(笑)

ブログに乗せるにはRAWから修正してると大変なので
これからもjpegの撮って出しです。

雑誌や広告なんかはデジタル撮影、デジタル入稿が主流です。
映画も最近はデジタル・シネカメラで撮ってますね。3Dなんかは特に。

フィルムはフィルムで、好きなんですけどね。
人間がアナログなもので・・・。


コメント

非公開コメント

アイアンジャイアント

ふつーの会社員です。
大きいわけでも、
硬いわけでもはありません。

ブログネーム : 『ボク』
お誕生日 : 2008年9月14日生まれ♂
好きなもの : ワンコと、その飼い主
嫌いなのも : 爪切り、シャンプー

ブログネーム : 『おねーさん』
アイアンジャイアントの奥さん
『ボク』の遊び相手、しつけ役