夏休み、京都篇 ④。

京都
10 /12 2015
本文とは、関係ありませんが
今日10月12日、私の誕生日でした。

男だし、誕生日が嬉しい歳でもないのですが
友達からオメデトーと言っていただいたので
なにやら照れくさいやら嬉しいやらと
複雑な気持ちでした (*^_^*)

さて、
京都二日目は車じゃないと、ちと行きづらい観光地へ。

「みへさん」「いしまつ」をお迎えに行って北を目指します。

道すがら「みへさん」の観光案内付き(笑)
まるで観光バス気分です。

京都_4 (1)

行きすがら、コチラへお立ち寄り
里の駅 大原

新鮮なお野菜や加工品とかを直営してるんですって
これまた「みへさん」情報!

京都_4 (2)

「いしまつ」
肥料の匂いがたまらないらしくて
フニャフニャしながら体をスリスリしてます。
おかしかったです。

京都_4 (3)

今日、帰るわけではないのでお野菜は我慢して
お漬物系を色々と買いました。

道の駅が大好きな我が家、なかなか楽しかった!

京都_4 (4)

さあ、目的地までは後少しです。




京都_4 (5)

駐車場に車を止めて
ここからは散歩がてら少し歩きます。

京都_4 (6)

『ボク』とは大違いで
「いしまつ」は「みへさん」命。

少しでも見えなくなると、この通り。
うらやましい・・・。

京都_4 (7)

歩くこと10分くらい。

やってきたのは
きょうと~♪おおはら♪さんぜんいん~♪(by デューク・エイセス「女ひとり」)

でおなじみの「三千院

京都_4 (8)

趣のある参道ですね~。

京都は何度も来ていても
なかなかココまで足を伸ばせないんですよね。
「みへさん」のおかげで
やっと念願がかないました。

京都_4 (9)

「いしまつ」も行く気まんまん
ですが、ワンコはここまでなんですよ。

ゆっくり見てきて下さい、と「みへさん」のありがたいお言葉に甘え
『ボク』を預けて拝観させていただくことにしました。

京都_4 (10)

はあ~~~!

もう、すばらしいの一言に尽きます。

京都_4 (11)

建物自体は言うまでもないですけど
このお庭!
紅葉じゃなくても青々とした緑がすばらしい。

京都_4 (12)

どこにカメラを向けても画になる。

また「境内」が広いので
色んな景色を見せてくれます。

京都_4 (13)

「わらべ地蔵」

「そうだ、京都へ行こう」では真っ赤に紅葉したモミジの画でしたが
夏場、濃い緑と苔むした境内もまた素晴らしかった。
ちと遠かったですけど、やっぱ来てよかった~。

素晴らしい景色に時間が経つのも忘れ
1時間ちかくも、ゆっくりしちゃったでしょうか。
最後は急ぎ足で「みへさん」のとこへ。

京都_4 (14)

「みへさん」まったくもって申し訳ナイ。
沢山、お待たせしてしまいました。

しかも『ボク』が甘えん坊になってるし・・・。



そして、
ココも絶対に見てきて下さいね、とお勧めされ

京都_4 (15)

額縁庭園の「宝泉院

京都_4 (16)

『ボク』は一緒に行きたそうですが
ココもワンコはダメなんだよう。

「みへさん」と、もう少し待っていてね。

京都_4 (17)

入ってすぐにあるお庭も素晴らしかったですが、

京都_4 (20)

これまた、ため息しか出ません・・・。

先客がいて正面から撮れてませんが(汗)

京都_4 (21)

ココからのほうが、苔むした地面と「五葉の松」が一緒に見れますよ。
と係りの人が教えてくれました。

それにしても樹齢700年、って凄くないですか。


こちら、拝観料が800円。
ちょっとお高いな~、なんて思っていたのですが

京都_4 (18)

このお庭をめでながら
お茶がいただけるようだったのです。

やっぱり「百聞は一見にしかず」ですね。写真は写せても
この素晴らしい景色は見ないと伝わらないな~。

京都_4 (19)

外で『ボク』の面倒を見ている「みへさん」には
心底申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが
私たちだけ、ほっこりしちゃいました、ほんとゴメンナサイ。

京都_4 (22)

「三千院」も「宝泉院」も
どちらも甲乙つけがたい(比べるものでもありませんが)素晴らしさでした。

夏休み後、シルバーウィーク前で、人が少なかったのも幸いしました。

さあ、とっとと「みへさん」のところへ戻りましょう!

コメント

非公開コメント

アイアンジャイアント

ふつーの会社員です。
大きいわけでも、
硬いわけでもはありません。

ブログネーム : 『ボク』
お誕生日 : 2008年9月14日生まれ♂
好きなもの : ワンコと、その飼い主
嫌いなのも : 爪切り、シャンプー

ブログネーム : 『おねーさん』
アイアンジャイアントの奥さん
『ボク』の遊び相手、しつけ役