蓼科へ行きました、その⑦。

八ヶ岳
10 /29 2014
高原に建つ、一軒の山小屋。

こちらで休憩です。

蓼科⑦ (2)

ヒュッテ アルビレオ

ヒュッテ、とはドイツ語で高原とかにある山小屋のコトらしいっす。
アルビレオ、は白鳥座の星のひとつ。
だそうです。

お客さんはだれもいません。
完全に貸し切り状態なのです。

だれも居ないのをイイことに、

蓼科⑦ (1)

ずーっと、スリングに入っていたので
ちょっとだけ放牧してみました。

めっちゃ嬉しそうに走ってます!

写っていないですが、
ちゃんと『おねーさん』が見ていますからね。

蓼科⑦ (3)

真ん中の下に写っているのが「車山」
右奥が北アルプスになります。

悲惨な事故になってしまった御嶽山も
噴煙があがっているが見えました。
広角レンズしか持ってこなかったので
写真では、ご紹介できませんが。

さすがに富士山は逆光なので
ちょっとムリでしたが、
中央・南アルプスも、ちゃんと見えたしね。
北側を望めば、浅間山も見えました。

蓼科⑦ (5)

本来なら、景色をツマミにビールいきたいところ
ご覧の通りコーヒーなのです。

なぜかというと、これが寒いんですよね~。

蓼科⑦ (6)

『おねーさん』はマンテンパーカー着てるし
私も薄手のダウンを羽織っています。

山の上なので、コーヒーもビールも400円でした。
本来なら迷わずビールなんですが・・・。

でも~、
こちらのコーヒーは美味しかった!
景色で割増されてるのもあると思いますが
昨日飲んだ、カントリーキッチンのより
数段上です。

蓼科⑦ (7)

管理人さんは朴とつで無口な
まさに、山小屋のオヤジ、って人でした。

それでも見える山を尋ねると教えてくれたり
双眼鏡を貸してくれたりしましたよ。

蓼科⑦ (4)

たっぷりと30分はいたでしょうか。

その間、お客さんはゼロ(笑)
こんなんで、
商売になるのか心配になってきました。

さあ、後半戦にしゅっぱーつ!

蓼科⑦ (9)

これまた見にくくてスミマセンが
女神湖が見えてきました。
重いので望遠レンズを置いてきたのが
敗因ですな。

真ん中へんの、ちょい左に光ってるのがソレ。

蓼科⑦ (8)

日向を、一生懸命に歩いていると
ちょっと暑いくらいなのですが
少しでも立ち止まると寒いんですよ。

空気も乾燥してるから、なおさらなのでしょう。

蓼科⑦ (10)

緩やかに登ったりと下ったりを
繰り返しながら歩きます。

蓼科⑦ (11)

左にリフトの支柱が見えますが、
スキー場に出ました。

実は、ココ八子ヶ峰は
しらかば2in1スキー場」の頂上になります。

『ボク』が来る6年前までは
冬になると良くスキーに行きました。

ここへも何度となく来てるんです。

蓼科⑦ (12)

冬いがいに来たことなかったもんな~。

で、こちらにいらっしゃった登山客さんに
パチリとしてもらいました。

さあ、ここからは
南に向かって下るだけでなんですけど・・・。

蓼科⑦ (13)

これまた
スゴイとこを降りるんですよ(笑)

私は大丈夫なんですが
『おねーさん』は、もう笑っていましたからね。

しばらくこんな道を下りると、

蓼科⑦ (14)

ここら辺までは、
車があがって来るのかしら
けっこう広い緩やかな道にでました。

蓼科⑦ (15)

なんか面白い構図だったので
撮ってみました。

さあ、終点まではもう少しだ。

蓼科⑦ (16)

はい、終点です。

東の登山口から登って
ぐるっと回って
西の登山口へ下りてきたのです。

さあ、ホテルに電話をして
迎えにきてもらいましょう。

蓼科⑦ (17)

私だけかもしれませんが、
あー、楽しかった!!!



コメント

非公開コメント

アイアンジャイアント

ふつーの会社員です。
大きいわけでも、
硬いわけでもはありません。

ブログネーム : 『ボク』
お誕生日 : 2008年9月14日生まれ♂
好きなもの : ワンコと、その飼い主
嫌いなのも : 爪切り、シャンプー

ブログネーム : 『おねーさん』
アイアンジャイアントの奥さん
『ボク』の遊び相手、しつけ役