中国地方旅行記、最終回。

ながらくお付き合い下さいました皆様
中国地方旅行記、いよいよ最終回でございます。

楽しかった旅行も終わり間際。
なんだか寂しくもあり複雑な心境。
松江にもどってまいりました。

まずは腹ごしらえ・・・。

宍道湖 (11)

Aさんが移動しながら電話で予約して下さいました。
浪花寿司」さん
ご家族でよく来られるそうなんです。

普通のお寿司屋さんなのですが、
名物のコチラをいただきます。

宍道湖 (12)

「むし寿司」
郷土料理なのかな~、聞きそびれましたが
酢飯に具材を乗せて、セイロで蒸してあります。
さっぱりして、とても美味しかったです。

Aさんが予約して下さっていたので
待つことなく出てきました。







宍道湖 (13)

街をプラプラしながら、次の目的地に。

宍道湖 (14)

これじゃ、分からないですよね。

雨で乗れなかった「堀川遊覧」。
松江に来たときに案内所にて確認して
バッグ・インしてれば『ボク』もokです。

宍道湖 (15)

ハード・スケジュールで少しお疲れな『ボク』
ウトウトしてました。








宍道湖 (1)

3日ぶりの運営だそうです。
しかも休日(三連休の中日)なので混んでいて、
何船がやりすごして、20分くらい待ったでしょうか。
この船も満席です。

宍道湖 (4)

船頭さんの説明を聞きながら、
の~んびりと行きましょう。

宍道湖 (3)

青サギやらカメやらカモが沢山います。

宍道湖 (5)

船頭さん、最後に唄まで披露して下さいました。

このあと、物産館に行って
T氏とAさんとはお別れいたしました。
色々ご手配、案内していただきまして
感謝でいっぱいです。






そんでもって
今回の旅行の最後のイベントになりました。

宍道湖 (16)

これまた、雨で残念な思いをした、
宍道湖の夕日を見にきまし。

宍道湖 (17)

場所は「島根県立美術館
湖畔のほとりにあります。
芝生で歩道が整備されていて、イイ散歩コース。
カップル、家族連れ、ワンコ連れがいっぱい。

宍道湖 (2)

宍道湖ウサギ(彫刻)、と記念撮影。
大きさが『ボク』と同じだ。

宍道湖





場所を移動して
嫁ヶ島を望む夕日の絶景ポイントへやってきました。

宍道湖 (6)

アマチュア・カメラマンがいっぱい(笑)
まあ、私もその一人なんですけどね。
見えてる島が、嫁ヶ島です。

宍道湖 (7)

こんなような写真、みたことないですか?
夕日100景にも選ばれてるそうですよ。

宍道湖 (9)

30分以上は見ていたでしょうか
刻々をしずむ太陽、まさにつるべ落とし。

視界をさえぎるものが何もないので、すばらしくキレイ。
写真からだと伝わりづらいですね。

宍道湖 (10)

さあ、東京へ帰りましょう。
さすがにイッキには帰れないのいで、
途中、加西SA(中国自動車道)にて車中泊。
9月24日の土曜日、17時頃帰宅しました。



とても充実した夏休み。
中国地方は初めてだったので、ちょっと詰め込みすぎたな。
その上、運転している距離も長い。
旅行記も13回にもなってしまった・・・。

山陰も山陽もとてもヨカッタです。
また訪れたい。
その時は、もう少しポイントを絞ろう。

長い間、旅行記にお付き合いいただきまして
誠にありがとうございました。
次回からは通常営業にもどります!



テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

中国地方旅行記、その12。

もうそろそろ旅行記も
飽きてきた頃じゃないですか
みなさん!

もうすぐ、あと2回でおわりますから
辛抱してお付き合い下さいませ。

で、
翌朝なのです。

美保関 (1)

今日もイイ天気だー!
ウキウキだー!

真ん中が、泊まったバンガロー。
かなりキレイでしたよ。

美保関

の~んびりと散歩して
キモチがいいね~。

美保関 (3)

バンガローのリビングからは
こんなスバラシイ景色が見えるんですよ。

さあ、朝ごはんにしましょ。

美保関 (2)

ザ・にっぽんの朝ごはん。

私はT氏とサンマを七輪で焼きました。
ゴハンは島根産「仁多米」、味噌汁は「宍道湖産」
のシジミ、Aさん作。
奥にあるチクワみたいのは島根特産「あご野焼」
お新香はT氏のお母様の手作り。

おいしくいただきました。

さあ、撤収して出発しましょう!
T氏もAさんも、今日一日お付き合い下さいます。




美保関 (5)

移動中、絶景が見えると
こうやって車止めて記念撮影です。

美保関 (4)

まぶしいけど、きもちイイね~。







まず、やってきたのは、

美保関 (7)

美保関灯台
ココにきたことによりですね、
島根半島の・・・、

最西端の日御碕灯台
最北端の多古鼻
最東端の美保関灯台

を制覇したことになります。
ヤッター!!!

美保関 (6)

ここから隠岐の島がよく見えるんですよ。







つづいては・・・。

美保関 (8)

美保神社
灯台からは30分くらいでしょうか。

美保関 (9)

こちらも、由緒あるすばらしい神社でした。
私なんかがいうとバチあたりですが、
たたずまいがイイし、こじんまりして風情があります。

美保関 (10)

神社を下りてくると、美保関の港が見えます。
これもまたイイ風景だな~。

美保関 (11)

参道のお土産物やさんでは、
こんな風景も・・・。

美保関 (12)

白イカの一夜干し。



つづいては~・・・。

美保関 (14)

境港までやってまいりました。
ご存知だとは思いますが鳥取県です。

海産物直売センター
新鮮な海の幸を買いにやってまいりました。

美保関 (16)

どれもこれも美味しそうなのです。

美保関 (13)

白くないけど、白イカ。
山陰地方ではとても有名だそうな。
ヤリイカの呼び名違いだそうですが、
肉厚で甘みがあって、とても美味しいんです。
別の地方では赤イカ、って呼ぶとこもあるらしいっす。

白イカと、カレイの一夜干しをお買い上げ。
クール便で送りました。

美保関 (15)

このお魚、しってますか?
「のどぐろ」
アカムツっていうのが本来の名前。
らしいのですが、喉が黒いから「のどぐろ」

山陰地方では有名な高級魚。
白身で淡白なお味なので
刺身でよし、焼いてよしなのです。
最近、東京でも見るようになりました。

さあ、おなかも空いてきたし
島根県は松江に戻りましょうか。


いよいよ、次回は最終回になります。
乞うご期待なのです。



テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

中国地方旅行記、その11。

日御碕から移動すること1時間
やってきたのはですね。

多古鼻

どこだか分かりますか?
近代的な建物が意外(島根の方、ゴメンナサイ)

多古鼻 (1)

空港。
そう、エアポートです。
現在12:30、
ふー、間に合わないと思った(汗)

なんで空港?
と思われますよね。
じつはある人を迎えにきました。

多古鼻 (2)

到着ロビーに現れたのは
私の友人、仮にT氏としておきましょう。
真ん中のサングラスの白シャツの人。

島根はカレの故郷。
以前から、イイとこだから遊びにおいで、と。
今回もカレの帰省とタイミングが合ったおかげで
実現したようなもの。
帰省の理由は姪御さんの結婚式なのです。

これから、明日までカレがアテンドしてくれます。
早速、車に乗り込み松江を目指します。

ハラも減ったので、まずは腹ごしらえ。
T氏案内のもと、またまたお蕎麦屋さんへ

多古鼻 (3)

神代そば」さん
松江城の北側にあるお店。

多古鼻 (5)

T氏は「割子そば」、4枚。
さすが地元民、通ですよ。

多古鼻 (4)

私はお店のお勧め「とろろ割子そば」
彼にならって4枚。

多古鼻 (6)

『おねーさん』は「釜揚げそば」
???、と思うでしょ。

関東で釜揚げといえば、うどん。
うどんをすくってツユにつけて食べる。
こちらは、蕎麦湯と一緒に盛り付けてあって
ツユをかけて食べるんです。
ドロッとしてるのですが、おいしかったです。

割子そばもそうですが、
ツユはかける文化なんですね。
関東は、つける。
お国違えば、こうも違うとはおもしろい!


間をかなり、はしょりますが。
昼食後に彼の実家へ行き、ご両親としばし歓談。
彼の人柄が伺える、とても感じのイイご両親。

飼っていた犬を昨年11月に亡くされたそうで
『ボク』をものすごくかわいがって下さいました。

で、スーパーやら酒屋で買出しをして
今日の宿泊場所へやってきました。

多古鼻 (8)

あー、もう日が落ちちゃう。
マリンパーク多古鼻
コテージを借りたのです。






荷解きもそこそこに、
まずは夕日鑑賞なのです。

多古鼻 (7)

島根半島の最北端に位置して、日本海の眺望が素晴しい!
刻々と変化する夕日・・・。

多古鼻 (9)

多古鼻 (10)

こうやって、のんびりと夕日を見るのなんて
何年ぶり?何十年ぶり?なんだろう。

この施設を選んでくれたのもT氏、
観光マップには出ていないような場所。
さすが地元民、ナイスなチョイスです。

さあ、夕食にいたしましょう。

多古鼻 (11)

あれ?一人多いぞ、と思いましたか。
私は写真撮ってるので4人いますねー。

左の女性、T氏の幼馴染、
同級生なのです。
彼女は仮にAさんとしましょう。

T氏が誘ってくれて、
色々と用意をして下さいました。

多古鼻 (12)

そうです、夕食はBBQ、
といっても肉は無し。
ここは日本海、やっぱ海の幸でしょ。

美味しい料理と、美味しい地酒
ワインまで飲んじゃいました。

多古鼻 (13)

星空を見ながら、他愛のない話をしながら
飲んで食べて、あー楽しいなー!!!

多古鼻 (14)

24時ちかくまで
こうやってたでしょうか。

片付けをして、就寝しました。



テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

中国地方旅行記、その10。

昨日(9月21日)の予定では、
堀川遊覧と宍道湖の夕日を楽しむ予定でした。
雨のために断念、グスン(涙)

まあきままな旅、
まだ島根にいるしなんとかなるさ。

天気が良いので気分も上げ上げ。
堀川から移動すること30分。
まずやってきたのは・・・。

出雲

みなさまご存知「出雲大社
そう、縁結びの神様ですね。

出雲 (1)

朝早いせいか、人が少ないです。
『ボク』も入れるのですが、
基本ダッコです。
オシッコなんかされたらバチが当たりますから。

こんなステキな松林の参道を抜けて・・・。

出雲 (2)

縁結びの神様。

恋愛だけじゃないんですよ。
人と人との縁(えにし)を結ぶ、
大変ご利益がある神様です。

写真にあるように、御仮殿です。
「平成の御遷宮」のため御本殿は見れません。

出雲 (3)

それでも厳かな気分に変わりはありません。

出雲 (4)

『ボク』も『おねーさん』に手伝ってもらって
お参りです。

出雲 (7)

平成25年には御本殿も見れるので
また来ようかしら???




次に行く前に、ちょっと休憩です。

出雲 (8)

ここ出雲はぜんざい発祥の地

ぜんざいは、出雲地方の「神在(じんざい)餅」に起因しています。
出雲地方では旧暦の10月に全国から神々が集まり、
このとき出雲では「神在祭(かみありさい)」と呼ばれる神事が執り行われています。
そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在(じんざい)餅」です。
その「じんざい」が、出雲弁(ずーずー弁)で訛って「ずんざい」、
さらには「ぜんざい」となって、京都に伝わったと言われています。

だそうな。
これはやっぱり食べてみないとね。

出雲 (9)

けっこう甘め、
さらさらで食べるというよりは飲む感じ。
おいしくいただきました。

さて、大社様よりまたまた車で海岸線を移動。
30分くらいで到着しました。

出雲 (10)

テコテコと
おみやげ物屋さんの間を抜けて。

出雲 (11)

島根半島の最西端、
日御碕」(ひのみさき)の灯台。
東洋一高い灯台だそうな。

出雲 (12)

200円で登れます。
とうぜん階段ですけどね。
下を見ると足がすくみます。

残念なことにワンコNG
でもとても急な螺旋階段なので
『ボク』と『おねーさん』は
上がらなくて正解だったかも。

出雲 (17)

私が灯台に上がっているあいだ
『ボク』と『おねーさん』は
こんなキレイな海を見てました。

出雲 (16)

日本海を見て『ボク』は何を思うのでしょうか?
あーハラ減った、かな~(笑)





日御碕に行ったら、イカを食え。
と、ある人から教えられていたので、

出雲 (13)

イカを食います。

出雲 (14)

これがまた、柔らかくって
甘辛で美味しいんです。

出雲 (15)

あー、ビールだったらな~。残念。

さあ、今日も予定がてんこ盛り。
今回の旅の大きな目的の一つ。
時間がありますので移動いたします。


テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

中国地方旅行記、その9。

いや~倉敷よかったです。
もう一泊してもよかったくらい。

でも今回は予定もあり、
つづいて、島根県は松江を目指します。

松江 (9)

山陽道を倉敷ICから乗って
一路、松江を目指します。

松江 (10)

台風はとうに通り過ぎて、
こちら中国地方は
ほとんど影響がないはずですが、
この日は朝から、しとしと雨が降っています。

どよーんとした空模様と気持ち・・・。

松江 (11)

蒜山(ひるぜん)SAにて休憩。
高原なので、本来ならイイ景色が見られるはず。
まあ高原といえば牧場、なので
ソフトクリームでも。
おいしかったですよ。

倉敷から走ること3時間くらいでしょうか、
松江に到着したのですが
雨なので写真がありません(泣)

まずは腹ごしらえ、ということで
お目当てのお蕎麦屋さんへ。

松江

出雲そば きがる 」さん。
知らなかったのですが、
松江はお蕎麦が有名なのです。

これは
「割子そば」(わりごそば)
蕎麦のからも一緒に挽いた、
ひきぐるみ、という十割そば。

関東、ざる蕎麦はツユにつけて食べますが、
「割子そば」は薬味とツユをかけて食べるのです。
一人前、三枚が普通とのこと。
追加は一枚からお願いできるそうです。

ところ変わればですね。
なかなかどうして、
お蕎麦はとても美味しかったです。







松江 (5)

雨にけむる松江城・・・。

とりあえず入ってみましょう。
『ボク』もOKなのです。

松江 (6)

残念な天気だね~。

松江 (7)

中は資料館になっています。
そおいうお城、多いですね。

ここが天守閣。
東西南北が見渡せるのですが
雨に煙っていて、今ひとつ。

松江 (8)

残念だったねー。
天気も悪いので、松江はそこそこに退散。

明日のために移動しました。
今日も道の駅にて宿泊なのです。

宍道湖の南側を抜け
湯の川にて、日帰り湯で温泉に入って
食事を済ませ、道の駅に移動。

やることもないので
車中にて『おねーさん』と酒盛り(笑)
沈んでいた気持ちは酔いとともに
どっかいっちゃいました。






で、翌朝。

松江 (1)

昨日の雨は明け方まで降っていましたが、
朝になればこの通り。

松江 (12)

おー、時間がたつに連れて
どんどん晴れてきます。

松江 (4)

おーい『ボク』、朝だよ
天気イイから起きようよ!

松江 (3)

鳥取と島根の競演です(笑)
とっとと朝食を済ませて
出かけましょう!!!



テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

アイアンジャイアント

Author:アイアンジャイアント
ふつーの会社員です。
大きいわけでも、
硬いわけでもはありません。

ブログネーム : 『ボク』
お誕生日 : 2008年9月14日生まれ♂
好きなもの : ワンコと、その飼い主
嫌いなのも : 爪切り、シャンプー

ブログネーム : 『おねーさん』
アイアンジャイアントの奥さん
『ボク』の遊び相手、しつけ役

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる